エステサロンよりも効果が高いとされるレーザー脱毛


26レーザー脱毛

エステサロンよりも効果が高いとされるレーザー脱毛。クリニックでの医療脱毛のメカニズムとはいったい何なのでしょうか?
医療脱毛といわれるクリニックでのレーザー脱毛では、波長の長さで特定の色や物質にのみ作用する性質があります。医療レーザー脱毛は毛の黒い色を感知することで、肌下の毛の色、黒いメラニンを集中的に熱を加え組織を破壊します。
そのため表皮やその周辺の細胞を傷つけることもないのです。
レーザーを照射することで、肌下の黒い毛に熱が吸収され毛包全体に熱が加わります。
毛の生み出す毛球部の細胞を破壊することで、毛の再生能力が遅くなって再生できなくなるといった仕組みです。
医療期間のレーザー脱毛といっても、一度行なうだけでは完了はしないです。それは毛の生える周期に関係しているので、脱毛には数か月から1年以上かかってしまうこともあります。
それは毛周期の発毛期、退行期、休止期というのがあって実際に活動している毛は全体の約30%といわれています。この毛周期のうちの休止期にある毛ではレーザーの効果はあまり期待ができないためです。
毛を生み出している毛包は毛周期のどの状態であるかは毛包ごとに異なっているからです。そのため、ひとつの部位でも数回のレーザー治療照射が必要になってきます。
医療脱毛におけるレーザー治療では施術を受けた方すべてが満足のいく効果を得られるものでしょうか?
医療脱毛においては「ムダ毛が薄くならない人はいない」といってもいいです。ワキ、ヒザ下、ヒジ下などの脱毛部分でも「まったく毛が減らなかった」という人はほとんどいませんし、また、1年以上脱毛してもまだ毛が残っている方もいます。これはほとんどの場合、自分で毛を抜いていたことが原因で毛穴が変形しているためなのです。
医療脱毛のレーザー脱毛は、どちらかというとワキやVライン、手足の太目の毛に適応しています。生えてから時間の経過した太く濃い毛が高い脱毛効果を発揮します。
反対にうぶ毛や栗毛、白髪などメラニン色素が少ない毛では、レーザーを照射しても充分に燃焼しないために、効果が期待できません。
また、誰でも医療脱毛を施術してもらえるかというと、皮膚の状態や現在の体調などでは受けることができない場合があります。
その例では、「自分で抜いて赤くなっている」「海や山で日焼けしてしまった」など、程度にもよりますが、レーザー脱毛を受けることはできないです。しかし、最近では日焼けした肌でも脱毛を受けることのできる機器も出てきているので、医師に相談してみてもいいかもしれません。
レーザー脱毛では熱の痛みを心配する人もいます。それは熱で毛根にダメージを与えるので、痛みに弱い方やデリケートゾーンなど痛みを感じやすい部位の場合、あらかじめ医師に相談していた方がよいでしょう。
医療脱毛としてレーザー脱毛をする場合、信頼できるクリニックでの施術を受けるようにします。腕の確かな医師に任せること、そして毛周期に合わせて施術を受けることで、ほとんどの場合脱毛効果を実感できます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

最近のコメント

    アーカイブ

    このページの先頭へ